ほめる理由

ホーム > ほめる理由

なぜ、ほめちぎる
教習なの?

南部自動車学校は「ほめて伸ばす」ことを
大切にしている教習所です。
なぜ「ほめる」のか、それには
しっかりとした理由があります。

ほめるとは、相手を
「認めてあげる」こと。

私たちが考える「ほめる」というのは、ただおべんちゃらや調子のいいことを言うのではなく、出来なかったことが出来るようになったことに対して、また、その努力をしてくれたことに対して「認める」という意味です。
ほめられて怒る人はまずいないでしょう。自信と自主性が生まれ、次も頑張ろうと常に前向きになれます。
人は、一生懸命頑張ったこと、まして、出来なかったことが出来るようになったことに対しては「認めてもらいたい」「ほめてもらいたい」「評価されたい」と思うはずです。
そして、ほめられたことで「もっと頑張ろう」「よし、ここを直そう」と思うようになるものです。
意識的にも無意識的にも、やる気になれるほめ言葉は「魔法の言葉」と言っても過言ではありません。指導者にとっては出来て当たり前のことでも、そういう態度で接したり、ダメなところを最初に指摘し「さぁ、やりなさい」と言っても、子どもの心は「よし、やろう」とはなりません。たちまちやる気をなくしてしまいます。
最も大切なことは、出来なかったことが出来るようになってくれたのですから、「よかったね」「ありがとう」など、相手を認め、思いやる言葉が必要です。素直にほめることが習慣付くことで、相手との信頼関係を強くし、心地良い雰囲気をつくることができます。
ほめる効果と影響力を実践する人が増え続けている今、まさに時代がほめることを求めているのだと思います。

教官に努力を認められ嬉しそうな生徒さん

どんな教習なの?

目標レベルを決めて成長する自分を実感する生徒さん

『成長を実感してもらうこと』に意味がある。
私たちの教習は「ほめて伸ばす」がコンセプトです。
教習所では、失敗したら怒られるというイメージがありますが、当校のほめちぎる教習は「失敗こそが成長するチャンス」と捉え、次に成功するためにはどうすべきかを一緒に考えます。
そして、上手くできたらお客様と一緒になって喜びます。

具体的には、まず、目標のレベルをお客様の個性に合わせ設定します。一人一人伝え方も変えます。
そして、小さな成長を実感しながら積み重ねて自信につなげていきます。
それにより、出来たかどうかの基準が理解でき、次に何をすればいいのかが明確になります。たとえミスをしても努力したことを認めてあげることで、プレッシャーを感じることなく自主性を養っていきます。
成長を実感することは、自信を持ち、次へのモチベーションの向上につながります。
その結果、運転することが好きになり、運転技術の向上につながっていくと私達は考えています。

なぜ、ほめちぎるのか?

『成長実感』こそモチベーションアップの秘訣。
なぜ、ほめる教習ではなく、「ほめちぎる教習」なのか?
ほめちぎるとは、単なるおべんちゃらを連発することではなく、上記の目標をできるかぎり細分化することです。例えば、S字コースを安全に走行するには、
① 入る前の目の配り(走行軌跡のイメージ)
② 安全に走行するための速度づくり
④ 左後輪の把握
⑤ 右前輪の把握
⑥ 右後輪の把握
など、安全に走行するためのステップがあります。
それらを目標として細分化することでほめる箇所を数多く作るわけです。
そして細分化された目標を達成できた時にほめシャワーのようにほめていくのが「ほめちぎる教習」です。
このようにして成長実感をつくっていくことで「運転が楽しい」「成長するのが楽しい」と変化していきます。

目標レベルを決めて成長する自分を実感する生徒さん

どんな効果があるの?

目標レベルを決めて成長する自分を実感する生徒さん

『ほめる』効果は抜群!
運転する前は誰もが緊張するものです。
しかし、ほめられることで、緊張がほぐれ、リラックスして運転することができ本来の実力を発揮することができます。
さらに、「次もほめて欲しい」「もっと運転が上手くなりたい」という気持ちが高まり、やる気と共にどんどん運転したいという気持ちにもなります。
また、ほめることで自然とお互いが笑顔になり、コミュニケーションが上手く取れるようになるため、ほめてばかりではなく「ここは気を付けて欲しい」というポイントをより伝えやすくなります。おかげさまで、たくさんのお客様から「ほめられるとやる気も出て、車の運転が楽しくなる」と嬉しいお言葉をいただいています。

さらに、この「ほめちぎる教習」を開始してから、当校の検定合格率は82%→91%に上昇し、卒業生の事故率は1.76→0.49と大幅に低下しています。
このように、ほめちぎる教習による教習効率や運転技術の向上は数値にも表れています。